2010-06-21

発表会練習の前に…

今日はまた、ジメジメした日になりましたね(*_*)





さて、今日は発表会の練習の前に必ず覚えておいて欲しいお話。


まずは舞台上の場所の事。

舞台の上ではいろんな方向に向いている人達が混乱しないため「右左」ではなく「上手(かみて)下手(しもて)」という言葉を使います。

舞台に立って、客席を見た時に、左側が上手。右側が下手になります。
客席から舞台をみたら、右側が上手、左側が下手。真ん中の線(T字や+のあるところ)は「心(センター)」と言います。


そして、奥行きを3等分してお客さん側から、前、中、奥。(アップステージ、ダウンステージと言う事もありますが。)


舞台の横に吊されているカーテンのような物を「袖幕」と呼び(お客さん側から1袖2袖…)舞台横のお客さんから見えない所に行く事を「袖に入る」又は「ハケる」と言います。


そして舞台が開く前や休憩中に、舞台と客席を仕切っている幕は「緞帳(どんちょう)」と言い、これが上がれば開演。下がれば終演です。




簡単な事ですが、舞台に向けての練習にはとても大事な言葉ですので、きちんと覚えておいて下さいね!!!






それから、以下はいつも使っていると思いますが、





おへそ(床)の方向。
舞台正面(アンファス)を1番として、そこから45度づつ右回りしたところを2番、3番…8番とします。

それを使っての、クロワゼ(交差した)やエファセ(開いた)も必ず覚えておいて欲しい大事なポジション。


後はアラベスクの番号とか、もちろんいろんなパの名前も…







(書き出したらキリがないので打ち切りますねf^_^;)



初めてじゃない子達は、普段のお稽古から出てきている言葉ですから、大丈夫だとは思いますが(¬_¬)



改めて確認しておいて下さい♪





名前を覚える事は、振付を早く覚えるコツでもありますよ(^O^)/
スポンサーサイト

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

早いなー

本当に月日の過ぎるのは早いですね。
長女が 前回のコッペリアで祈りを踊ったのが ついこの間のような気がします。今年、次女も 祈りの踊りをさせていただくので 感無量です。

お姉ちゃんの時の 振り付けや衣装を 思い出し、今年のも 楽しみたいです。 確実に 進化してますものね。
 
戦いの踊りも 今年は男性の先生も参加してくださる振り付けだということで、前回とはまた違う楽しみがあります。 しっとりとした 平和の踊りの前の 迫力ある戦いの踊りが 楽しみです。みんな 頑張ってくださいね。
プロフィールプロフィールプロフィール

ミホホミ

Author:ミホホミ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事最近の記事最近の記事
最近のコメント最近のコメント最近のコメント
最近のトラックバック最近のトラックバック最近のトラックバック
月別アーカイブ月別アーカイブ月別アーカイブ
カテゴリーカテゴリーカテゴリー
<%plugin_first_title>ブログ内検索<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSフィード<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>リンク<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

FC2Ad

Powered by FC2 Blog